住宅ローンの審査について

住宅ローンの審査について「仮審査」と「本審査」に申し込むコツやローン比較の情報を紹介しています。

住宅ローンの借入れ年数を決める

インテリア

住宅ローンの返済を始める時には、住宅ローンの返済期間を決めることになります。

購入する価格が多ければそれだけ借り入れ期間が長くなる人が多く、大抵の人が35年の住宅ローンの契約をします。

住宅ローンの契約で最長となるのが35年となりますから、それ以上長い期間で住宅ローンの契約をしたいと考える場合には、親子二世代型の住宅ローンを検討することになります。

住宅ローンの借り入れ期間が長くなれば、それだけ毎月の支払額は少なくすることができますが、総支払額としては、金利分がかさみますから、長期間での契約の方が総支払額は多くなってしまいます。

契約年数が短い方が、金利分の返済が少なくなりますから、お勧めですが、実際には、契約期間を短くすると、毎月の返済が厳しくなるために、長期間での契約しかできないという人も多いのです。

長期間の契約の場合、全期間同じ金利での契約となる、全期間固定金利もありますし、全て変動金利での契約とすることもできます。

数年間固定金利とし、固定金利期間が終了したら、再度固定金利にするか、変動金利にするか、決めるという方法もあります。

住宅ローンの契約期間を決める時には、自分が何歳まで継続して仕事を続けることができるのかを考慮し、定年を超えてまで住宅ローンの残債が残ってしまわないようにしましょう。

年金生活になった時に、住宅ローンが重くのしかかってしまい、返済できずに住宅を売却するという事がないようにしなければいけません。