住宅ローンの審査について

住宅ローンの審査について「仮審査」と「本審査」に申し込むコツやローン比較の情報を紹介しています。

住宅ローンに上乗せできる費用

ローン支払いでお金がない男性

住宅ローンの借り入れをする場合には、銀行によってかかる費用が様々です。

ほとんどの住宅ローンの契約にかかる費用としては、印紙税とローンの事務手数料、団体信用生命保険料や、抵当権を変更するために司法書士にかかる費用や、保証料そして火災保険料となります。

全て合算すると、100万円近い金額が住宅ローンの契約時にかかることになりますが、100万円を用意してから住宅ローンの契約をしなければいけないというわけではありません。

住宅ローンの借り入れをする時に、上記の諸費用を、住宅ローンの借り入れに上乗せをして借り入れをすることができる銀行もあります。

中には、保証料は金利分として上乗せで支払う場合もありますが、新規での住宅ローンの契約でも、借り換えの住宅ローンの契約でも、上記のような諸費用がかかりますから、住宅ローンの契約をする時には、かかる金額を頭に入れておきましょう。

諸費用の金額はどの銀行でも同じではなく、銀行によって違いますし、借り入れる金額によっても違いがありますから、事前に銀行に確認しておきましょう。

住宅ローンの借り入れは、諸費用と住宅の価格以上に住宅ローンの中から借り入れをすることはできません。

住宅ローンの借り入れ額を少しでも抑えたい場合には、諸費用は住宅ローンに組み込まず、頭金として考えておきましょう。

銀行によっては、諸費用を組み込めない場合もありますから、諸費用が組み込めるかどうかを必ず確認するようにしましょう。